シリーズ親鸞7巻 親鸞の説法 ─「歎異抄」の世界

延塚 知道 著 , 真宗大谷派

他力とは何か

親鸞の直弟子・唯円が、耳の底に遺る師の言葉を記した『歎異抄』。そこには真宗の精髄が尽くされている。信心とは何か、他力の救いとは何か。現代人の心性と切り結びつつ考える。

シリーズ親鸞7巻 親鸞の説法 ─「歎異抄」の世界
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0315
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2010/04/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-32027-8
  • JANコード:9784480320278

この本の内容

『歎異抄』は親鸞の死後、直弟子である唯円が、耳の底にとどまり響いていた親鸞の言葉を記した語録である。全体を貫いているのは、「異なることを歎く」精神である。本書では特に、真宗の精髄である「本願による救い」「念仏とは何か」「悪人の成仏」を読み解き、親鸞の仏道に迫るとともに、現代を生きる私たちが、『歎異抄』の心にいかに救われるかを考える。

この本の目次

序章 『歎異抄』再発見(蓮如の『歎異抄』発見
清沢満之の『歎異抄』再発見)
第1章 歎異の精神とは何か(竊かに愚案をめぐらして
歎異の精神 ほか)
第2章 師教との出遇い(往生極楽のみち
いずれの行もおよびがたき身 ほか)
第3章 悪人正機(善人悪人
他力をたのみたてまつる悪人 ほか)
第4章 本願の救い(弥陀の誓願不思議
二つの御持言 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可