稲垣足穂コレクション 8 ─弥勒

稲垣 足穂 著 , 萩原 幸子 編集

目指す人間とは何であるか? 酒精に耽溺する身辺無一物の生活の果てに辿りついた自己救済の夢。自伝風小説「弥勒」の他九篇。
【解説: 高橋睦郎 】

稲垣足穂コレクション 8 ─弥勒
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,050円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:い-53-8
  • 刊行日: 2005/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-42033-9
  • JANコード:9784480420336

この本の内容

「目指す人間とは何であるか?それはこの自分自身である。固有の色合いがある、振動的な、即ち生きている、真鍮の砲弾や花火仕掛の海戦に心を惹かれている自己自身である」(「弥勒」)。昭和七年明石に帰省した足穂は、昭和十一年末に最後の上京をして牛込横寺町に住む。酒精に耽溺する身辺無一物の果てに辿りついた自己救済の夢を描く「弥勒」の他、三十代から四十代はじめまでの時期を扱った自伝的作品九篇。全巻完結。

この本の目次


愚かなる母の記
地球
弥勒
底なしの寝床
木魚庵始末書
方南の人
横寺日記
白昼見
死の館にて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可