こちら本の探偵です

赤木 かん子

幼い頃に夢中になったあの本、何だっけ。あやふやな記憶の断片をたよりに名作児童書を見つける本の探偵の奮闘記。資料の上手な探し方も伝授!

こちら本の探偵です
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 770円(税込)
  • Cコード:0100
  • 整理番号:あ-39-1
  • 刊行日: 2005/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-42125-4
  • JANコード:9784480421258
赤木 かん子
赤木 かん子

アカギ カンコ

児童文学評論家。長野県松本市生まれ。1981年、法政大学英文学科卒業。1984年に、子どもの頃に読んでタイトルや作者名を忘れてしまった本を探し出す「本の探偵」として本の世界にデビュー。以来、子どもの本や文化の紹介、ミステリーの紹介・書評などで活躍している。図書館の改善運動にも積極的で、近年は特に小中学校の図書館の活性化に努めている。編著書に、『こちら本の探偵です』(ちくま文庫)、『本で調べてほうこくしよう』(ポプラ社)などの調べ学習の本、『絵本・子どもの本 総解説』(自由国民社)などのブックリスト、「ラブストーリーセレクション」「ミステリーセレクション」(いずれもポプラ社)などのアンソロジー等、多数。

この本の内容

ちっちゃい頃に夢中になったあの本、何だっけ?大人になっても思い出に残る、あの名作をもう一度、読みたい!題名も作者名も覚えていない、あやふやな記憶の断片だけをたよりに「思い出の1冊」を探し出す「子どもの本の探偵」の奮闘記。巻末には、資料探しに役立つ上手な図書館利用法や児童書の専門店リストも付記。

この本の目次

そもそも、ことのはじまりは
本の探偵、いたします
探偵さんと図書館さんの微妙な関係
さあ、探偵業の始まりです
手紙は本をよび、本は手紙をよぶこと
古い、古ーい本の山、ついでに本屋もやるはめになったこと
まぼろしの“あかね”の本
本好きの、ひとはみな、友だちだ
本をお探しになる方へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可