喜びのおとずれ ─C・S・ルイス自叙伝

C・S・ルイス 著 , 早乙女 忠 翻訳 , 中村 邦生 翻訳

ファンタジー「ナルニア国」の作者として名高いルイス唯一の自伝。兄と作った物語のこと、学校生活、影響を受けた本や人たち……。ファン必読の一冊。

喜びのおとずれ ─C・S・ルイス自叙伝
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0123
  • 整理番号:る-1-4
  • 刊行日: 2005/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-42168-8
  • JANコード:9784480421685

この本の内容

『ナルニア国物語』で有名なファンタジー作家C.S.ルイスの唯一の自伝。幼年期から青年期、第一次大戦に従軍し大学に戻り学究生活を送るまでが詳細に語られる。家族、友人、そして出会った本のこと、人生の折々に突然襲う激しい「喜び」の感情、神と出会うまでの精神の葛藤が、抒情とユーモアと深い思索のうちに回顧される。ルイスのファンタジーに新たな光を当てる。

この本の目次

最初の歳月
強制収容所
マウントブラッケンとキャンベル
心をひらく
ルネッサンス
上級生のお偉方
光と影
解放
ノック先生
運命の女神の微笑
王手がかかる
銃とよき仲間
最新の知識
王手詰み
真のはじまり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可