反骨 金子光晴エッセイ・コレクション

金子 光晴 著 , 大庭 萱朗 編集

「反骨詩人」光晴は、戦後の政治、社会をどう捉えていたか。反戦運動、アナーキズム、芸術と政治。また、性遍歴についても記す。
【解説: 森達也 】

反骨 金子光晴エッセイ・コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:か-47-2
  • 刊行日: 2006/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:286
  • ISBN:4-480-42203-X
  • JANコード:9784480422033

この本の内容

戦時中に反戦詩を書き、戦後「反骨詩人」と呼ばれた光晴。しかし、本人はむしろ「天の邪鬼」を自認する。そんな光晴は、戦後の政治・社会をどう捉えていたか。反戦運動、アナーキズム、亡命、階級意識などをキーワードに、イデオロギーにとらわれぬ独自の見方を記す。また、性遍歴、老いについても赤裸々に語る。

この本の目次

1 社会/個人(階級意識
木石問答―良識について
「八月六日」にあたって思うこと ほか)
2 男/女(京都の寄席
江都八景・洲崎の雨
昼あそび ほか)
3 青年/老年(雀の子
粗末な老年憂愁の青年
老年地獄―七十歳とはかかわりのない心境
“不安”のなかの青年像
若さとは
人間はどこから来たか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可