多重化するリアル  ─心と社会の解離論

香山 リカ

ゲーム感覚の中で浮遊する<私>
“ピュア”への願望と交錯する“出会い系”の増加。
離人症や解離性障害はなぜ拡がるのか?

解離は病理なのか、それとも現実への適応か。テロや格差で不安定化する社会を背景に、希薄な現実感や当事者意識に戸惑う現代人の心理現象を読みとく。

多重化するリアル  ─心と社会の解離論
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体620円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:か-22-5
  • 刊行日: 2006/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-42286-2
  • JANコード:9784480422866
香山 リカ
香山 リカ

カヤマ リカ

1960年北海道生まれ。東京医科大学卒業。精神科医。専門は精神病理学。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。豊富な臨床経験を生かして、現代人の心の問題から社会批評まで幅広い分野で活躍している。著書に、『<いい子>じゃなきゃいけないの?』(プリマ―新書)、『悲しむのは、悪いことじゃない』(筑摩書房)、『劣化する日本人』(ベスト新書)、『ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか』(朝日新書)、『堕ちられない私 精神科医のノートから』(文春新書)等多数。

この本の内容

解離性障害や離人症は何らかのトラウマが原因だとされるが、キレる子供の精神病理や多重人格的な振る舞いの背後に、明確な因果関係を見出すのは難しくなっている。そうした現象を正確に理解するには、IT技術の進化と普及によって急速に変貌しつつある社会自体の診断が欠かせない。不安定化する現代社会を背景に、希薄な現実感や当事者意識の困難さにとまどう現代人の心理現象を読みとく。

この本の目次

第1章 変容するリアリティ―離人感覚が蔓延する
第2章 リアリティを取り戻したい―自傷・ピュア願望・出会い系
第3章 心が解離していく―トラウマなき多重人格
第4章 ボーダーライン時代のカリスマ――「イメージ」と「個」
第5章 多重化するリアルの行方―テロ事件が扉を開く?
第6章 これは日本のリアルなのか?―二〇〇五年の風景より
第7章 「自分」が分割される―ポストモダン心性について

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可