中世の愛と知のディスクール

〈悦楽の園〉で〈愛の神〉に胸を射抜かれた主人公は、薔薇の蕾=愛を求めてのさすらいに出る。フランス中世アレゴリー文学の精華、初の原典訳。

薔薇物語 上
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0197
  • 整理番号:は-35-1
  • 刊行日: 2007/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:978-4-480-42345-0
  • JANコード:9784480423450
ギヨーム・ド・ロリス
ギヨーム・ド・ロリス

ロリス,ギヨーム・ド

13世紀始め、オルレアン近くのロリスに生まれたといわれる謎の人物。『薔薇物語』前篇の作者。

ジャン・ド・マン
ジャン・ド・マン

マン,ジャン・ド

ロワール河の畔、マン出身の〈知識人〉、後篇の作者。没年は1305年か。

篠田 勝英
篠田 勝英

シノダ カツヒデ

1948年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。白百合女子大学教授。訳書にデュビー『中世の結婚』ベルク『風土の日本』など。

この本の内容

フランス中世アレゴリー文学屈指の巨篇にして文学的知の百科全書、待望の文庫化。さわやかな五月の朝、夢に誘われて“悦楽の園”に迷い込んだ“わたし”は、ナルシスの泉にひざまずき、水底に映った一輪の薔薇の蕾に魅せられる。“愛の神”の矢に射抜かれて臣下となった主人公が、おびただしい寓意人物たちと出会い、ついに愛を手に入れるまでを、のびやかにして学識あふれる訳文で贈る。読売文学賞研究・翻訳賞受賞。

この本の目次

『薔薇物語』前篇(“悦楽”の園
ナルシスの泉―“愛の神”の教え
薔薇の蕾をめぐって)
『薔薇物語』後篇(“理性”の勧告
“友”の忠告
“愛の神”の軍勢―“見せかけ”の弁明)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可