永遠の問題作の新訳

死の病に苦しむ美しい妻をおいて、夜の街で快楽にふけるミシェル…緊迫感にみちた生と死のドラマを、格調ある筆致で描いた永遠の問題作の新訳。

背徳の人
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:し-29-1
  • 刊行日: 2008/04/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-42401-3
  • JANコード:9784480424013
アンドレ・ジッド
アンドレ・ジッド

ジッド,アンドレ

(1869-1951) フランスの作家。小説、随筆、評論、日記、詩、戯曲、翻訳、書簡など、多様な形式を用いて文学の限界を広げ、変化、生成する人間の姿をさまざまな角度から描き出した。苦悩にみちた青春から晴朗な老年まで、常に自由な精神を持って十全に生き、数多くの名言を残したモラリストでもある。

二宮 正之
二宮 正之

ニノミヤ マサユキ

1938年、東京生まれ。1965年以来、在欧。ジュネーヴ大学名誉教授。著書に『私の中のシャルトル』『小林秀雄のこと』、訳書に『ジッド=ヴァレリー往復書簡』ほか。

著者からのメッセージ

アンドレ・ジッド再訪[全文を読む]

この本の内容

古代文明研究者ミシェルは、新婚旅行の最中に発病、死の危機に瀕するが、美しい妻マルスリーヌの献身的な看病で快癒し、強烈な“再生”の歓びを体験、初めて妻と交わる。だが、悲劇の幕はそこで開く。死産ののち病を重ねる妻を、手厚く介抱しつつも少年愛に傾く夫。愛情か欲求充足か、自由か責任か…アフリカ、イタリア、フランス、スイスを舞台に、死と生を両極に見すえて展開される格調ある背徳のドラマを、永くジッドを温めてきた訳者の新訳でおくる。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可