江戸小咄女百態

興津 要

町内で知らぬは亭主ばかりなり

小咄と川柳に現れる江戸の女たちのさまざまな姿。娘、新妻、やりくり女房、お針、側室…多くの制約の中で生き抜いた江戸の女の大競艶。

江戸小咄女百態
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 770円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:お-55-1
  • 刊行日: 2008/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-42409-9
  • JANコード:9784480424099
興津 要
興津 要

オキツ カナメ

大正13(1924)年、栃木県生まれ。早稲田大学文学部国文科卒業。日本近世文学を専門とし早稲田大学教育学部国語国文科教授を経て、同名誉教授。平成11(1999)年没。著書は『江戸娯楽誌』『落語──笑いの年輪』『古典落語』(正・続)(以上、講談社学術文庫)他多数。

この本の内容

恋知り初めたる娘、新妻、やりくり女房、お針、女力持ち、御側室…小咄と川柳を題材に多くの制約の中で精一杯生き抜いた江戸の女の大競艶。

この本の目次

1 娘たち(恋知り初めるころ
箱入り娘 ほか)
2 妻たち(花嫁
新妻 ほか)
3 はたらく女たち(針妙・お針
楊子見世の看板娘 ほか)
4 紅燈の巷の女たち(吉原の女たち
岡場所の女 ほか)
5 女あれこれ(江戸時代の美人像
夏の女性美 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可