増補新版 教育とはなんだ

重松 清 編著

まず現場に聞いてみよう

学級崩壊、いじめ、引きこもり、学力低下。子供の姿を描き続ける作家が、激動する教育状況を現場のプロに聞く。教育を考えるヒントがいっぱい。

増補新版 教育とはなんだ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 836円(税込)
  • Cコード:0137
  • 整理番号:し-31-1
  • 刊行日: 2008/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-42424-2
  • JANコード:9784480424242
重松 清
重松 清

シゲマツ キヨシ

1963年生まれ。作家。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、01年『ビタミンF』で直木賞を受賞。『流星ワゴン』『きよしこ』『小学五年生』『卒業』『くちぶえ番長』など小説多数。ほかに『娘に語るお父さんの歴史』など。

著者からのメッセージ

「教育再生会議」の現場で考えたこと――品川裕香氏に聞く[全文を読む]

この本の内容

学級崩壊やいじめ、引きこもりが社会問題になる一方、学力低下を憂う声も大きい。そして行政は、ゆとり教育、教育再生会議、教育基本法の改正と、その対応は揺れ続けてきた。経済社会状況が今後も大きく変化するだろうと予想されるなか、子どもたちが将来きちんと生きていけるために、教育はどうあるべきなのか。現場で頑張る18人に重松清が話を聞いた。文庫化に際し2取材を追加。

この本の目次

1 教育論とはなんだ
2 授業とはなんだ
3 学校とはなんだ
4 教育の隙間とはなんだ
5 教師とはなんだ
6 卒業後に待つものとはなんだ
補遺 教育改革とはなんだ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可