誰が学校を変えるのか  ─公教育の未来

藤原 和博

学校や先生をむやみに批判せず
今すぐ参戦せよ!

学校を核に地域社会を再生し、子供たちの学びを豊かにする! [よのなか]科、土曜寺子屋、そして「夜スペ」を実現した著者の提言。
【解説: 苅谷剛彦 】

誰が学校を変えるのか  ─公教育の未来
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 660円(税込)
  • Cコード:0137
  • 整理番号:ふ-29-10
  • 刊行日: 2008/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-42473-0
  • JANコード:9784480424730
藤原 和博
藤原 和博

フジハラ カズヒロ

「朝礼だけの学校」校長。1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。メディアファクトリーの創業も手がける。1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003〜08年、杉並区立和田中学校で義務教育初の民間校長を務める。2008〜11年、橋下大阪府知事の特別顧問。2014年から佐賀県武雄市特別顧問。2016〜18年、奈良市立一条高等学校校長を務める。著書に『本を読む人だけが手にするもの』『必ず食える1%の人になる方法』『10年後、君に仕事はあるのか?』『処生術』『35歳の教科書』『人生の教科書[よのなかのルール]』(宮台真司との共著、いずれもちくま文庫)、『革命はいつも、たった一人から始まる』(ポプラ社)等多数あり。詳しくは「よのなかnet」http://yononaka.netに。

この本の内容

学校を核に地域社会を再生し、それによって子どもたちの学びを豊かにする!民間人から公立中学校校長となった異色の経歴を生かし、教育現場を新鮮な目で見直し、何が必要で、何が有効なことか、誰にでもわかる言葉で指摘する。杉並区立和田中学校での取り組み方も、「よのなか」科をはじめ、具体例として盛り込まれており、学校、教師、そして地域住民のやるべき課題が見えてくる。

この本の目次

第1章 誰が学校を無力化したか
第2章 学校の真実―解かれなければならない六つの誤解
第3章 教師の真実―さらに、解かなければならない六つの誤解
第4章 もう一度、いかに学校に力を与えるか
第5章 地域本部づくりには経済効果がある
第6章 ナナメの関係を復興せよ
終章 「パワーゲーム社会」から「クレジットゲーム社会」へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可