ちくま日本文学004 尾崎翠

尾崎 翠

透明なエロティシズムで
読者を誘惑する

こおろぎ嬢 地下室アントンの一夜 歩行 第七官界彷徨 山村氏の鼻 詩人の靴 新嫉妬価値 途上にて アップルパイの午後 花束 他
【解説: 矢川澄子 】

ちくま日本文学004 尾崎翠
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 968円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/11/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42504-1
  • JANコード:9784480425041
尾崎 翠
尾崎 翠

オザキ ミドリ

1896-1971。鳥取の生まれ。女学校時代に「文章世界」へ投稿を始める。故郷での代用教員ののち上京、日本女子大に入学、「無風帯から」を発表。女子大中退後、文学に専念、「アップルパイの午後」「第七官界彷徨」で一部の注目をあびる。昭和7年の帰郷後、音信を絶つ。戦後一時、行商をしていた。ついで老人ホーム。「第七官界彷徨」があらためて発見されたのちも、、面会を固辞、ひっそりと死去。

この本の内容

透明なエロティシズムで読者を誘惑する。

この本の目次

こおろぎ嬢
地下室アントンの一夜
歩行
第七官界彷徨
山村氏の鼻
詩人の靴
新嫉妬価値
途上にて
アップルパイの午後
花束
初恋
無風帯から
杖と帽子と偏執者
匂い
捧ぐる言葉
詩(神々に捧ぐる詩)

読者の感想

2009.4.12 井上麻里子

「第七官界彷徨」が素晴らしかったです!!
ほかの作品もいい。

尾崎翠よ、なぜもっと沢山の作品を残さないまま逝ってしまったのか!!

ちくま日本文学シリーズ、すごく気に入っています!
短編をつめこんだ文庫サイズ、安野光雅の表紙絵・・・。
文学全集がこの価格で買えるというのは魅力です!!
最初30巻までの予定だったのが、40巻まで出ることになり、とても嬉しいです。
でも、もっと読みたい!!
もっと出してください!!!!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可