ちくま日本文学005 幸田文

幸田 文

自らの足跡を刻むように
文筆を続けた人

勲章 姦声 髪 段 雛 笛 鳩 黒い裾 蜜柑の花まで 浅間山からの手紙 結婚雑談 長い時のあと みそっかす 他
【解説: 安野光雅 】

ちくま日本文学005 幸田文
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2007/11/20
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42505-8
  • JANコード:9784480425058
幸田 文
幸田 文

コウダ アヤ

1904-1990。東京向島の生まれ。父露伴より家事、身辺にわたりきびしい躾をうける。24歳のとき嫁いだが10年後に離婚。実家にもどり晩年の父をみる。その死を述べた「終焉」「葬送の記」で文壇に登場。つづいて「こんなこと」「みそっかす」。ほかに長編「流れる」「勲章」「笛」など。ジャーナリズムと隔たりをとり、みずからの足跡に刻むようにして文筆をつづけた。

この本の内容

自らの足跡を刻むように文筆を続けた人。

この本の目次

勲章
姦声





黒い裾
蜜柑の花まで
浅間山からの手紙
結婚雑談
長い時のあと
みそっかす
対談 樹木と語る楽しさ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可