ちくま日本文学025 折口信夫

折口 信夫

「失われた」古代を恋い慕い
歌を歌い、小説を書いた人

古代感愛集 抄 近代悲傷集 抄 現代襤褸集 抄 死者の書 「古代研究」追い書き 妣が国へ・常世へ 春来る鬼 
【解説: 小松和彦 】

ちくま日本文学025 折口信夫
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 968円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/10/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42525-6
  • JANコード:9784480425256
折口 信夫
折口 信夫

オリクチ シノブ

(1887〜1953)大阪生まれ。筆名釈迢空。国学院で学び中学の国語教師を経て、柳田國男を知り、民俗学・国文学の研究に入る。 民間伝承採話のかたわら、短歌、詩、小説を書き、日本芸能史や古代研究にわたっては、実証に加えて詩人的直観にもとづくおよそ類 のない想像力と洞察にあふれた仕事をのこした。

この本の目次

海やまのあひだ 抄
春のことぶれ 抄
古代感愛集 抄
近代悲傷集 抄
現代襤褸集 抄
詩 拾遺
死者の書
実川延若讃
日本文章の発想法の起り
「古代研究」追い書き
妣が国へ。常世へ
春来る鬼
地方に居て試みた民俗研究の方法

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可