つげ義春コレクション 鬼面石/一刀両断

つげ 義春

つげ義春の時代マンガ!
浪人、忍者、町人の哀歎を描く

つげ義春による時代劇マンガの傑作群を集大成。忍者、浪人など、理不尽な身分制に負けずに生きようとする人々の姿を描き出す。
【解説: 山崎哲 】

つげ義春コレクション 鬼面石/一刀両断
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0179
  • 整理番号:つ-14-9
  • 刊行日: 2009/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-42549-2
  • JANコード:9784480425492
つげ 義春
つげ 義春

ツゲ ヨシハル

1937(昭和12)年、東京葛飾生まれ。子供のころからいくつものアルバイトを経験し、小学校卒業とともにメッキ工場に勤める。その後職を変わりながら、職業としてマンガ家をめざし、1955(昭和30)年に単行本『白面夜叉』で本格デビュー。貸本マンガや子供向け雑誌で活躍。1965(昭和40)年から「月刊漫画ガロ」に作品を発表し、じょじょに注目を集めるようになる。独特な作風で知られ、寡作ではあるが、根強いファンを持つ。

この本の内容

著者の代表作が手軽に読める「つげ義春コレクション」。本書は、著者が貸本マンガ誌に発表した時代マンガの傑作を収録する。下級武士や忍者が身分制に抗いながら生きる姿、庶民の哀歓を描く。時代劇ブームのさなかに量産された貸本マンガのなかから、著者自らが選んだ5作品。

この本の目次

盲刃
鬼面石
落武者
忍びの城
一刀両断

読者の感想

2009.6.15 さかな

 つげ義春の個性は、ある種の文体と物の見方にあります。
 全9巻を読んでみて、個性というのは、多様な可能性をそのまま伸ばすことによってではなく、そのなかからごく少数を選び取って深化させていく過程で生まれるものだ、ということを知りました。

 記憶の再生の仕方が個性だ、といえるかもしれません。
 「大場電気鍍金工業所」(1973)が好きです。
  

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可