猿蟹合戦とは何か 清水義範パスティーシュ100 一の巻 

清水 義範

文体模倣の大模倣

著者自身が厳選したパスティーシュ100作品を6冊で刊行。表題作の他「猿取佐助」「パウダー・スノー」「笠地蔵峠」など文体模倣の17作。自著解説付。

猿蟹合戦とは何か 清水義範パスティーシュ100 一の巻 
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:し-33-1
  • 刊行日: 2008/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-42551-5
  • JANコード:9784480425515
清水 義範
清水 義範

シミズ ヨシノリ

1947年名古屋生まれ。愛知教育大学卒業。『蕎麦ときしめん』『永遠のジャック&ベティ』などでパスティーシュの手法を用いて話題になる。1988年『国語入試問題必勝法』で吉川英治文学新人賞を受賞。その後もパスティーシュ作品を数多く発表。主著に『おもしろくても理科』『アキレスと亀』『飛びすぎる教室』『冬至祭』『ドン・キホーテの末裔』『早わかり世界の文学』『行儀よくしろ。』など多数。

この本の内容

文学はパスティーシュという形式によって継承されていく。著者自身が厳選した100のパスティーシュ作品を6分冊で刊行。本書には、文体模倣による17作品を収録。

この本の目次

猿蟹の賦
猿蟹合戦とは何か
二十一の異なるバージョンによる前文
猿取佐助
パウダー・スノー
笠地蔵峠
半村良『江戸群盗伝』の解説
女殺油地獄
船が州を上へ行く
聖書
彼ら
ティンカー・ベルの日記
ダイヤの花見
四畳半調理の拘泥
罪と罰
アンドレ・クレージュ
ジョルジュ・アルマーニ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可