名曲三00選 吉田秀和コレクション

吉田 秀和

この曲がいい!
心にひびく300曲

グレゴリウス聖歌から現代音楽まで、音楽史の流れをたどりながら名曲300曲を語る。限りない魅力と喜びにあふれる《名曲の歴史》。
【解説: 片山杜秀 】

名曲三00選 吉田秀和コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0173
  • 整理番号:よ-20-5
  • 刊行日: 2009/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-42575-1
  • JANコード:9784480425751
吉田 秀和
吉田 秀和

ヨシダ ヒデカズ

1913年9月23日、日本橋生れ。東京大学仏文科卒。現在、水戸芸術館館長。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、90年度朝日賞、『マネの肖像』で読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章。著書多数。

この本の内容

グレゴリウス聖歌やルネサンスの音楽から、ブーレーズ、シュトックハウゼンらの現代音楽まで―音楽史の流れをたどりながら、きくものに忘れがたい感動をあたえる傑作300曲を選び、著者ならではの文化や芸術への深い洞察に満ちた解説を加える。音楽の限りない魅力と喜びにあふれる「名曲の歴史」。

この本の目次

グレゴリウス聖歌
セクエンティアとトロープス
オルガヌムとモテット
トルバドゥール、トルヴェール、その他
アルス・ノーヴァとポリフォニー
ネーデルランド楽派からイタリア・ルネサンスへ
イタリアとフランスのバロック
バッハとヘンデル
グルック、ハイドン、モーツァルト
ベートーヴェン
ロマン派の天才たち
ドイツの後期ロマン派
ロマン的民族主義
ドビュッシーとその周辺
二十世紀の音楽

読者の感想

2010.5.25 keys

クラシック歴も浅く、参考書を色々読んでいましたが今ひとつ深さを感じられず、そんな時に著者の本に出会いました。評論として普遍的な書物だと思いました。復刊をして頂きありがとうございます。今後も期待しております。

2009.2.26 Jun

この本の復刊を待ってました。25年前この本に出会い、今でも私のクラシック音楽のガイド本です。多くの人に読んでもらいたいです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可