宮本武蔵 剣と思想

前田 英樹

すべてのものに、
予め<勝つ>!
『五輪書』の真実を読み解く。

武蔵が兵法の探究を通じて{掴}んだ、あらゆる人間の生を貫く「実の道」とは何か。『五輪書』を読み解き、その思想の剣術を語る。
【解説: 石川忠司 】

宮本武蔵 剣と思想
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 792円(税込)
  • Cコード:0123
  • 整理番号:ま-37-1
  • 刊行日: 2009/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-42662-8
  • JANコード:9784480426628
前田 英樹
前田 英樹

マエダ ヒデキ

1951年大阪生まれ。批評家。中央大学大学院文学研究科修了。立教大学現代心理学部教授などを歴任。主な著書に『剣の法』(筑摩書房)、『日本人の信仰心』(筑摩選書)、『独学の精神』(ちくま新書)、『批評の魂』(新潮社)、『小津安二郎の喜び』『民俗と民藝』(講談社選書メチエ)、『ベルクソン哲学の遺言』(岩波現代全書)、『信徒内村鑑三』(河出ブックス)、『沈黙するソシュール』(講談社学術文庫)、『倫理という力』(講談社現代新書)など多数。

この本の内容

宮本武蔵は、単なる剣術遣いではない。道具を使い切って生きる「実の道」という激しい理想を、現実に歩き通した唯一の人である。その思想は思想と呼ぶには端的でありすぎ、その兵法は兵法と呼ぶには生活の万般に侵入しすぎる。彼は呆れるほど平俗なものを、誰もが息をのむ高さにまでひとり悠々と導いた。本書は『五輪書』を丹念に読み解き、武蔵の剣術の精髄を具体的に説き明かす。

この本の目次

第1講 武蔵という人(武蔵論争
吉川英治の参戦 ほか)
第2講 武蔵の方法(上泉伊勢守と「流儀」
上泉伊勢守の無敵伝説 ほか)
第3講 武蔵の剣(二刀について
「吊り腰」の教え ほか)
第4講 実の道を行く(武蔵と宗矩
「独り太刀をとつて」 ほか)
補講 型を生きる(兵法に「型」があること
武蔵が作った型 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可