昭和出版残侠伝

嵐山 光三郎

メディアが躍動していた時代!

老舗出版社を飛び出し、「青人社」を立ち上げた7人の仲間。ニューメディアの躍動する80年代前半を描く、嵐山版出版風雲実録。
【解説: 岡崎武志 】

昭和出版残侠伝
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0100
  • 整理番号:あ-26-8
  • 刊行日: 2010/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42686-4
  • JANコード:9784480426864
嵐山 光三郎
嵐山 光三郎

アラシヤマ コウザブロウ

1942年東京生まれ。『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。『芭蕉の誘惑』によりJTB紀行文学大賞受賞。長年の薀蓄の末に到達した芭蕉像を描いた『悪党芭蕉』で、泉鏡花文学賞、読売文学賞をダブル受賞。他に『文人悪食』『追悼の達人』『「退歩的文化人」のススメ』『不良定年』『人妻魂』『年をとったら驚いた!』など多数。

この本の内容

1981年、経営危機に陥った平凡社の希望退職に応じた著者。スッタモンダの挙句、七人の仲間で貧乏長屋編集室「青人社」を設立。ときはメディアの躍動する時代。雑誌創刊が相次ぎ、「軽薄短小」ブーム、ビニ本ブーム、写真週刊誌創刊、テレビではお笑いブームが起こる。それらの作り手が多数登場し、世相が著者の身近なところから描かれる。疾風怒涛、悪戦苦闘の嵐山版出版風雲録。

この本の目次

昭和五十六年、平凡社をやめ、「仁義礼編集屋兄弟」の八字を見た夜
貧乏長屋編集室「青人社」が雑誌の海原に漕ぎ出した
新雑誌「ドリブ」―創刊前夜の決戦
「なにかと判評の悪い雑誌です!」疾風怒涛悪戦苦闘の日々

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可