イルカと泳ぎ、イルカを食べる

川端 裕人

世界各地を旅して考えた
イルカをめぐる12章

人はイルカとどう付き合っていけばよいのだろうか。人とイルカとの関わりを世界中に求め、考え感じたことを綴った旅のルポルタージュ。

イルカと泳ぎ、イルカを食べる
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:か-57-1
  • 刊行日: 2010/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-42744-1
  • JANコード:9784480427441
川端 裕人
川端 裕人

カワバタ ヒロト

1964年兵庫県明石市生まれ、千葉県千葉市育ち。文筆家。東京大学教養学部卒業。日本テレビ勤務中、1995年『クジラを捕って、考えた』でノンフィクション作家としてデビュー。退社後、1998年『夏のロケット』で小説家デビュー。小説に『せちやん 星を聴く人』『銀河のワールドカップ』『算数宇宙の冒険』『ギャングエイジ』『雲の王』『12月の夏休み』など。ノンフィクションに『PTA再活用論』『動物園にできること』『ペンギン、日本人と出会う』『イルカと泳ぎ、イルカを食べる』など、著書多数。現在、ナショナル ジオグラフィック日本版および日経ビジネスオンラインのウェブサイトで「・研究室・に行ってみた。」を連載中。

この本の内容

野生イルカの保護を主張する人や、スピリチュアルな存在として心の癒しを求める人がいる一方で、イルカ漁を生業としてその肉を食べる人もいる。はたしてこれは野蛮な行いなのか、それとも尊重すべき文化なのか。とかく価値観の押し付けになりがちなこの話題に自然体で向き合い、世界各地をめぐってさまざまな人たちと語らう中で見えてきた人間とイルカの関係とは。

この本の目次

桃色海豚の午後―タイ・チャンタブリー
新兵衛どんのツチクジラ―千葉県・和田浦
オポの夏―ニュージーランド・オポノニ
モンキーマイアのイルカたち―オーストラリア・モンキーマイア
ケイトの青春―長崎県・壱岐島
フリッパー問題、とんがる―アメリカ・フロリダ
くるくるイルカ、飛び跳ねる―アメリカ・ハワイ
がんばれ、御蔵島―東京都・伊豆諸島
笑うマダライルカ―バハマ沖
カナリアは歌わない―カナダ・ケベック
イルカを食べる―岩手県・大槌
富戸オキゴンドウ事件―静岡県・伊東

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可