虚妄の成果主義 ─日本型年功制復活のススメ

高橋 伸夫

「仕事の報酬は次の仕事」で
適材適所を
年功序列とは異なる
「日本型年功制」

「仕事の報酬は次の仕事」というシステムが適材適所につながり、経済成長を実現した。成果主義の悲惨な実態を検証し、日本型年功制を再生する。

虚妄の成果主義 ─日本型年功制復活のススメ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 814円(税込)
  • Cコード:0134
  • 整理番号:た-59-1
  • 刊行日: 2010/09/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-42759-5
  • JANコード:9784480427595
高橋 伸夫
高橋 伸夫

タカハシ ノブオ

1957年北海道生まれ。1980年小樽商科大学商学部卒業。1984年筑波大学大学院社会工学研究科単位取得。学術博士(筑波大学)。現在、東京大学大学院経済学研究科教授。専門は経営学・経営組織論。主な著書に『組織力』(ちくま新書)、『虚妄の成果主義』(ちくま文庫)、『〈育てる経営〉の戦略』(講談社選書メチエ)、『できる社員は「やり過ごす」』(日経ビジネス人文庫、文春ウェブ文庫)、『経営の再生』(有斐閣)、『日本企業の意思決定原理」(東京大学出版会)などがある。

この本の内容

長引く不況によって、なぜか日本型人事システムが攻撃され、「年俸制」や「成果主義」が新たな活力を与えるとして競って導入された。しかしその結果、多くの企業で職場が荒廃し、機能不全が生じている。そもそも日本の経済成長を支えたのは「賃金による動機づけ」ではなく、仕事の面白さで報いる「仕事の報酬は次の仕事」というシステムであり、それが適材適所につながったのである。成果主義の実態を改めて検証し、日本型年功制の可能性を展望する。

この本の目次

第1章 日本型年功制のどこが悪いというのか(成果主義の赤裸々な実像
日本型の「年功制」とは
人は金のみに働くにあらず
元気に働くための要素
成長を選択するために)
第2章 日本的経営の評価をめぐる右往左往(けじめはつけておかねばならない
いい加減に懲りるべきではないか?
日本的経営論の系譜を辿ってみよう
やがて付けが回ってくる)
第3章 人が働く理由を知っていますか?(仕事への思いを解剖する
自発性は信用しうるか
満足と生産性の関係の二転三転
期待理論の登場とその限界
内発的動機づけの理論)
第4章 未来の持つ力を引き出す(今何が本当に必要なのだろう
「見通し」が与える活力
終身コミットメントの意義
未来傾斜原理をめぐって
揺らぐトップが会社をダメにする)
文庫版への補論 成果主義ブームが去って(そして看板だけが残った
成果主義は論理的に破綻していた
「仕事の報酬は次の仕事」の四つの意味
若者と向き合おう)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可