音楽の旅・絵の旅 吉田秀和コレクション

吉田 秀和

絵を聴き、音楽を見る。
芸術の深部への
光あふれる旅

ヴァーグナー音楽に〈人生全体の芸術化〉を感じとり、グリューネヴァルトの絵に戦慄を覚えた著者の、内なる旅の記録。『音楽の光と翳』併収。
【解説: 堀江敏幸 】

音楽の旅・絵の旅 吉田秀和コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0173
  • 整理番号:よ-20-8
  • 刊行日: 2010/12/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-42778-6
  • JANコード:9784480427786
吉田 秀和
吉田 秀和

ヨシダ ヒデカズ

1913年9月23日、日本橋生れ。東京大学仏文科卒。現在、水戸芸術館館長。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、90年度朝日賞、『マネの肖像』で読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章。著書多数。

この本の内容

明晰な審美の耳と眼をもって西欧芸術の深部に迫る旅の記録。著者の人生を照らし続けてきた音楽を、慈しみをこめたまなざしで語る珠玉のエセー『音楽の光と翳』を併収。

この本の目次

音楽の旅・絵の旅(プロローグ フランクフルト
「かくて、ついにバイロイトに」
ナショナル・ギャラリーにて
ヴァーグナーのトポロジー
『指環』のアクチュアリティ ほか)
音楽の光と翳(春の想い
ジークフリート
ヘンデルと力士
魔法の乗物
雨の歌声 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可