僕らが死体を拾うわけ ─僕と僕らの博物誌

盛口 満

「自然への扉」を
見つけに行こう!

タヌキの死体、飛べないゾウムシ、お化けタンポポ。身近な疑問が「自然」という大きな世界の入り口になる。絵で読む入門的博物誌。
【解説: 養老孟司 】

僕らが死体を拾うわけ ─僕と僕らの博物誌
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0145
  • 整理番号:も-23-1
  • 刊行日: 2011/03/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-42801-1
  • JANコード:9784480428011
盛口 満
盛口 満

モリグチ ミツル

1962年生まれ。千葉大学理学部生物学科卒業。私立中・高等学校の理科教員を務めたのち、沖縄に移住。現在、珊瑚舎スコーレ夜間中学講師、沖縄大学人文学部こども文化学科准教授。「僕らが死体を拾うわけ――僕と僕らの博物誌」「ゲッチョ先生の野菜探検記」「コケの謎――ゲッチョ先生、コケを食う」「おしゃべりな貝――拾って学ぶ海辺の環境史」など、著書多数。

この本の内容

タヌキの死体、飛べないゾウムシ、お化けタンポポ。これらすべてが、「自然」という大きな世界への入り口になる。拾ったタヌキの死体は解剖後、骨を取り出し、骨格標本に組み立てる。飛べないゾウムシの存在から、飛ぶという行為の利点と飛べない理由を考える。巨大化した“お化け”タンポポの発生の謎を追う…。生物教師が、学校の周りで見つけた自然の疑問に生徒と取り組む、丁寧なイラスト付きの入門的博物誌。

この本の目次

1 僕が何でも拾うわけ
2 僕らが死体を拾うわけ
3 嫌われ者の奇妙な生態
4 変わり者の愉快な世界

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可