ニーベルンゲンの歌 前編

石川 栄作 翻訳

英雄に訪れる悲劇

中世ドイツが成立し、その後の西洋文化・芸術面に多大な影響を与えた英雄叙事詩の新訳。読みやすい訳文を心がけ、丁寧な小口注を付す。

ニーベルンゲンの歌 前編
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0197
  • 整理番号:に-10-1
  • 刊行日: 2011/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-42816-5
  • JANコード:9784480428165
石川 栄作
石川 栄作

イシカワ エイサク

1951年、高知県生まれ。福岡大学人文学部独語学科卒、九州大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、徳島大学総合科学部長・教授、文学博士。専攻、ドイツ中世文学。著書に、『ニーベルンゲンの歌─構成と内容』(郁文堂)『「ニーベルンゲンの歌」を読む』『ジークフリート伝説』(講談社学術文庫)。

この本の内容

数々の武功を立て、ニーベルンゲンの財宝を手に入れたジークフリート。竜の返り血を浴びて不死身となった彼だが、妻クリームヒルトとブルグント王妃ブリュンヒルトとの諍いから、王の重臣ハーゲンの策略によって暗殺されてしまう。そしてニーベルンゲンの財宝は、ラインの河底に沈められるのであった。中世ドイツに成立し、その後の西洋文化・芸術面に多大な影響を与えた英雄叙事詩の完全新訳。

この本の目次

ニーベルンゲン(ブルグント)一族のこと
ジークフリートが成長したこと
ジークフリートがヴォルムスへやって来たこと
ジークフリートがザクセン勢と戦ったこと
ジークフリートがクリームヒルトに初めて会ったこと
グンターがブリュンヒルトへの求婚を考え始めたこと
グンターが仲間を連れてアイスランドに到着したこと
ジークフリートが募兵のためにニーベルンゲン国へ赴いたこと
ジークフリートがヴォルムスへの使者となったこと
グンター王がヴォルムスでブリュンヒルトと結婚式を挙げたこと〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可