ニーベルンゲンの歌 後編

石川 栄作 翻訳

燃え上がる復讐の炎

ジークフリート暗殺の復讐には、いかに多くの勇者たちの犠牲が必要とされたことか。古代ゲルマンの強靭な精神を謳い上げて物語は完結する。

ニーベルンゲンの歌 後編
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0197
  • 整理番号:に-10-2
  • 刊行日: 2011/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-42817-2
  • JANコード:9784480428172
石川 栄作
石川 栄作

イシカワ エイサク

1951年、高知県生まれ。福岡大学人文学部独語学科卒、九州大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、徳島大学総合科学部長・教授、文学博士。専攻、ドイツ中世文学。著書に、『ニーベルンゲンの歌─構成と内容』(郁文堂)『「ニーベルンゲンの歌」を読む』『ジークフリート伝説』(講談社学術文庫)。

この本の内容

亡き夫ジークフリートの復讐を誓ったクリームヒルトは、フン族のエッツェル王と再婚し、彼の力を利用して、自らの目的を果たさんと企てる。彼女にまんまとおびき寄せられる、兄ブルグント王グンターと、仇敵ハーゲン。そして多くの勇者たちを巻き込んだ壮絶な戦いの火蓋がついに切られた。古代ゲルマンの英雄精神を余すところなく発揮したドイツ古典文学の最高傑作を新訳でお届けする。

この本の目次

エッツェル王がヴォルムスのクリームヒルトのもとに使者を送ったこと
クリームヒルトがヴォルムスを発ち、フン国へ向かったこと
クリームヒルトとエッツェル王がウィーンで結婚式を挙げたこと
エッツェル王とクリームヒルトがヴォルムスへ使者を送ったこと
使者がライン(ヴォルムス)で役目を果たして、帰って行ったこと
グンター王らがフン国へ旅立ったこと
彼らがエルゼおよびゲルフラートと戦い、勝利を収めたこと
辺境伯がその一族を出迎えて、もてなしたこと
ニーベルンゲン族がエッツェル王の城に到着し、出迎えられたこと
ハーゲンとフォルカーがクリームヒルトの前で立ち上がらなかったこと〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可