増補 遅読のすすめ

山村 修

本はゆっくり読もう!

読書は速度か? 分量か? ゆっくりでなければ得られない「効能」が読書にはある。名書評家による読書術。未収録書評を増補。
【解説: 佐久間文子 】

増補 遅読のすすめ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:き-19-3
  • 刊行日: 2011/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-42854-7
  • JANコード:9784480428547
山村 修
山村 修

ヤマムラ オサム

1950年生れ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。青山学院大学図書館司書の傍ら、〈狐〉のペンネームで1981年2月から2003年7月まで1188本の書評を日刊ゲンダイに発表。主な著書に『狐の書評』(本の雑誌社)、『野蛮な図書目録』『狐の読書快然』(洋泉社)、『水曜日は狐の書評』『もっと、狐の書評』『増補 遅読のすすめ』(ちくま文庫)、『禁煙の愉しみ』(洋泉社/朝日文庫)、『気晴らしの発見』(大和書房)などがある。2006年逝去。

著者に関する情報

追悼・山村修[全文を読む]

この本の内容

読書は速度か?読書は分量か?ゆっくりでなければ得られない「効能」が読書にはある。本を読むこと本来の「快」を取り戻すための、反“速読”・反“多読”術。「読むリズムが快くきざまれているとき、それは読み手の心身のリズムと幸福に呼応しあっている。読書とは、本と心身とのアンサンブルなのだ。」文庫化にあたり、単行本未収録エッセイを大幅増補。

この本の目次

第1部 遅読のすすめ(ゆっくり読む
幸福な読書
暮しの時間
大食いと多読
読書の周期
本を手にして)
第2部 本が好きになる本の話(本が好きになる本の話
読書三到
文庫つれづれ)

読者の感想

2011.8.16 pneurooncologist

単なる復刊だとしても嬉しいですが、もともとの「遅読のすすめ」と同じくらいの分量の書評が加わっての増補版、本当に嬉しいです。読書術の本だとありますが、読みながら方法を意識するよりは、文中に語られる読書の喜び、幸福感を著者に共感するように何度も味わいました。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可