哺育器の中の大人[精神分析講義]

伊丹 十三 著 , 岸田 秀

男(女)らしさ、自我、
(無)意識、共同幻想……
「人間における
根源的な二重構造」について

愛や生きがい、子育てや男(女)らしさなど具体的な問題について対話し、幻想・無意識・自我など精神分析の基本を分かりやすく解き明かす。
【解説: 春日武彦 】

哺育器の中の大人[精神分析講義]
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0111
  • 整理番号:い-74-1
  • 刊行日: 2011/11/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-42889-9
  • JANコード:9784480428899
伊丹 十三
伊丹 十三

イタミ ジュウゾウ

1933‐97年。映画監督伊丹万作の長男として京都に生まれる。俳優として活躍する一方で、本質的でありながら軽妙で洒脱なエッセイの書き手として知られる。1984年、『お葬式』で映画監督デビュー。著書として『ヨーロッパ退屈日記』『女たちよ!』『日本世間噺大系』『「お葬式」日記』『フランス料理を私と』など。

岸田 秀
岸田 秀

キシダ シュウ

1933年生まれ。早稲田大学文学部卒業。人間は本能の壊れた動物であり、「幻想」や「物語」に従って行動しているに過ぎないとする「史的唯幻論」は話題を呼んだ。著書として『ものぐさ精神分析』『嫉妬の時代』『心はなぜ苦しむのか』『歴史を精神分析する』『幻想の未来──唯幻論序説』など。

この本の内容

「子育てとは何か?」「人を愛するとは?」「何のために人は生きるのか?」「男(女)らしさについて」…初歩的な、しかし避けられない問いは、自我の構造や(無)意識の世界、幻想や知覚の仕組みなど根源的な問題につながっている。稀代の才人・伊丹十三と、「ものぐさ精神分析」で知られる岸田秀が真っ直ぐな対話を通して、生きるために欠かせない精神分析の基本を丁寧に分かりやすく解き明かす。

この本の目次

第1講 幻想
第2講 意識と無意識
第3講 共同幻想
第4講 自我の構造
第5講 自我の領域
第6講 日本人の精神講造

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可