新版 幼い子のいる暮らし

毛利 子来

子育て本の古典
待望の文庫化

『新版 赤ちゃんのいる暮らし』姉妹編。子供の病気や、身体、精神上の心配ごとにどう対応したらいいかよくわかる。挿画・装丁 和田誠。
【解説: トニー・ラズロ 】

新版 幼い子のいる暮らし
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 924円(税込)
  • Cコード:0177
  • 整理番号:も-1-9
  • 刊行日: 2012/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-42963-6
  • JANコード:9784480429636
毛利 子来
毛利 子来

モウリ タネキ

1929年生まれ。小児科医。雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」(ジャパンマシニスト社)の編集代表。子育てについて「何がだいじなことか」を広めていく啓蒙活動に力を注いでいる。著書に『育育児典』(岩波書店)、『健康のためなら死んでもいいのか?』(金曜日・幕内秀夫氏との共著)、『子育ての迷い解決法 10の知恵』(集英社新書)、『たぬき先生のゲンコ―子ども医者「日本の阿Q」を叱る』(金曜日)等多数。

この本の内容

『新版 赤ちゃんのいる暮らし』姉妹編。「幼い子」の立場に立って、一緒に暮らしていくために、おとながどう接していったらいいのか、子どものからだとこころに寄りそって書かれた本。前作で不十分だった、乳幼児の病気や、身体上の心配ごとを大幅に書き加えました。和田誠さんのイラストと、厳選された詩や韻文も、前作同様に楽しめます。

この本の目次

1 幼い子のいる暮らし(楽しみ
遊び
散らかし
反抗
眠り ほか)
2 暮らしの小児科(気になること
生まれて初めての病気
日常の病気
からだが弱い子
難しい病気・長い病気
心身の障害)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可