世界幻想文学大全 幻想文学入門

東 雅夫 編著

最高の講師陣による
幻想文学の教科書

幻想文学のすべてがわかるガイドブック。澁澤龍彦、中井英夫、カイヨワ等の幻想文学案内のエッセイも収録し、資料も充実。初心者も通も楽しめる。

世界幻想文学大全 幻想文学入門
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0190
  • 整理番号:ひ-21-1
  • 刊行日: 2012/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43011-3
  • JANコード:9784480430113
東 雅夫
東 雅夫

ヒガシ マサオ

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長。ちくま文庫「文豪怪談傑作選」シリーズはじめ編纂・監修書多数。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)『百物語の怪談史』『文学の極意は怪談である』など。

著者に関する情報

「幻妖ブックブログ」はこちら

この本の内容

古代から現代に至る幻想文学の全貌を全3巻に凝縮させた画期的アンソロジーの本書は「ガイダンス」篇。伝説の雑誌「幻想文学」の編集長である東雅夫が、澁澤龍彦、中井英夫、倉橋由美子、ラヴクラフト、カイヨワほか名だたる作家・批評家による必読の幻想文学論や名エッセイを精選・展覧しつつ、妖しい魅惑に満ちた怪奇幻想文学世界を案内する。入門/再入門に最適な必携のハンドブック。

この本の目次

「幻想文学」とは、どのような文芸ジャンルなのか(幻想文学について(澁澤龍彦)
幻想文学について(澁澤龍彦))
日本における幻想文学の受容(私の履歴書(平井呈一)
覗き小屋の二つの窓(紀田順一郎))
アンソロジーに学ぶ
幻想文学の極意はスタイルにあり(短編よ、よみがえれ(中井英夫)
『アルゴールの城にて』(倉橋由美子))
幻想文学にはどのような歴史と作品があるのか(文学における幻想的なものについて(シャルル・ノディエ/窪田般彌訳)
文学における超自然的なるもの(小泉八雲/池田雅之訳)
文学と超自然的恐怖(H.P.ラヴクラフト/植松靖夫訳)
妖精物語からSFへ(ロジェ・カイヨウ/三好郁朗訳))

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可