なぜ「活動家」と名乗るのか ─岩盤を穿つ

湯浅 誠

攻撃ではなく対話で
共同性を練り上げること。
(文庫版まえがきより)

非正規雇用や貧困で生きにくい社会。それとは別の社会を夢見る条件を作る。それが活動家の仕事だ。貧困問題に取り組んできた著者の活動史と現在。

なぜ「活動家」と名乗るのか ─岩盤を穿つ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 792円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:ゆ-3-1
  • 刊行日: 2013/10/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43107-3
  • JANコード:9784480431073
湯浅 誠
湯浅 誠

ユアサ マコト

1969年東京生まれ。社会活動家。「反貧困ネットワーク」や、「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」等に関わる。95年から野宿者の支援活動を始め、貧困問題に関する活動と発言を続ける。2009〜2012年内閣府参与。著書に『反貧困』(岩波新書、大佛次郎論壇賞受賞)、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版)など多数。

この本の内容

他なる社会の可能性を夢見てそれに形を与え、場を作り、共同性を練り上げ、夢見る条件を作る。これが活動家の仕事だ。2008年暮れから年明けの「年越し派遣村」や、2009年10月から2012年3月までの内閣府参与など、一貫して貧困問題に取り組んできた著者が、「活動家」についてわかりやすく伝える。

この本の目次

第1章 NOと言える労働者に―派遣切りに抗して
第2章 生活保護の野宿者の現実
第3章 貧困は罪なのか?
第4章 自己責任論が社会を滅ぼす
第5章 ぼくは活動家
最終章 政権交代で問われること

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可