権力の館を歩く ─建築空間の政治学

御厨 貴

御厨版建築探偵とは
政治劇場なのである
――藤森照信

歴代首相や有力政治家の私邸、首相官邸、官庁、政党本部ビルなどを訪ね歩き、その建築空間を分析。権力者たちの素顔と、建物に秘められた真実に迫る。

権力の館を歩く ─建築空間の政治学
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0131
  • 整理番号:み-32-1
  • 刊行日: 2013/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-43124-0
  • JANコード:9784480431240
御厨 貴
御厨 貴

ミクリヤ タカシ

1951年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。都立大学教授、東京大学教授などを経て、現在、放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授・東京大学名誉教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策。著書『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)、『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『明治国家の完成』(中公文庫)、『オーラル・ヒストリー』(中公新書)、『明治国家をつくる』(藤原書店)、『政治へのまなざし』(千倉書房)など。

この本の内容

吉田茂から小沢一郎まで、日本政界の大立者の住み処や、首相官邸、国会議事堂、各政党本部ビル、枢密院、宮内庁庁舎など数多くの「権力の館」を訪ね歩く。日本政治史研究の第一人者が、権力空間の現場に身を置き、当時なされた政治的意思決定と権力者たちの人物像を鮮やかに再現する。建築空間と政治の関係性という全く新たな視座を確立した画期的ノンフィクション。

この本の目次

序 権力の館事始め(マッカーサー GHQ跡第一生命館―皇居を睥睨できぬひたすら実務の部屋)
1 権力者の館(吉田茂 大磯御殿―政治も普請も道楽尽くす
吉田茂 目黒公邸―ワンマン好みの宮様の「光の館」 ほか)
2 権力機構の館(首相官邸 上―保守本流は住まず、保守傍流と平成流が住む館
首相官邸 下―秩序と安定と孤高の館に「魔性の力」は蘇るか ほか)
3 政党権力の館(自由民主党本部―出入り自由、機能重視の「繁華街」
砂防会館―インフラ整備を背景に、党本部そして政権派閥の館へ ほか)
結 権力の館事納め(小沢一郎 深沢邸―「要塞」と化す政権交代の象徴)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可