こちらあみ子

今村 夏子

芥川賞作家、衝撃のデビュー作
【解説】町田康・穂村弘

太宰治賞と三島由紀夫賞、ダブル受賞を果たした異才、衝撃のデビュー作。3年半ぶりの書き下ろし「チズさん」を収録。

こちらあみ子
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 704円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:い-83-1
  • 刊行日: 2014/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43182-0
  • JANコード:9784480431820
今村 夏子
今村 夏子

イマムラ ナツコ

1980(昭和55)年生まれ。「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。本書の単行本で第24回三島由紀夫賞を受賞。

この本の内容

あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。

この本の目次

こちらあみ子
ピクニック
チズさん

読者の感想

2021.5.13 石川 倫歌

以前から、今村夏子さんの本がとても気になっていました。
読もうと思ったきっかけは、「花束みたいな恋をした」と言う映画で、「きっとその人は、今村夏子さんのピクニックを読んでも、何も感じないんだよ。」と言うセリフがあり、忘れられなくて手に取りました。


私は、ピクニックよりもタイトルにもあるように、こちらあみ子の方が印象的でした。少し変わっているからと、いつも遠目で見られるあみ子が可哀想で。でもあみ子は、気にしていないかのように日々を過ごしている。そんな姿が潔く、かっこよく、人を見かけで判断してはいけないとつくづく思いました。きっとあみ子は、いつまでも純粋な心を持っているのだろうと。
子供のころの心を忘れず、純粋で、一途で、自分に嘘をつかないで生きていこうと思います。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可