「下り坂」繁盛記

嵐山 光三郎

ご意見無用!勝手に生きる

人の一生は、「下り坂」をどう楽しむかにかかっている。真の喜びや快感は「下り坂」にあるのだ。あちこちにガタがきても、愉快な毎日が待っている。

「下り坂」繁盛記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:あ-26-9
  • 刊行日: 2014/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-43186-8
  • JANコード:9784480431868
嵐山 光三郎
嵐山 光三郎

アラシヤマ コウザブロウ

1942年東京生まれ。『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。『芭蕉の誘惑』によりJTB紀行文学大賞受賞。長年の薀蓄の末に到達した芭蕉像を描いた『悪党芭蕉』で、泉鏡花文学賞、読売文学賞をダブル受賞。他に『文人悪食』『追悼の達人』『「退歩的文化人」のススメ』『不良定年』『人妻魂』『年をとったら驚いた!』など多数。

この本の内容

「宇宙の大原則は下降にあり、下ることを自覚した人間は強い」。人間いつまでも上を目指してばかりはいられない。体力が落ちてきたなと思ったら、上り坂から下り坂へギアの切り替えが必要だ。下り坂人生の極意さえわかればこんなにすばらしいことはない。あちこちガタガタだけど、ご意見無用、勝手に生きる。下り坂は自転車でも最高に気持ちいい!愉快な楽しい下り坂人生のあれこれ。

この本の目次

序章 「下り坂」の極意
1 楽しきかな輝ける「下り坂」の日々
2 下降する快感、開き直る癖
3 亡びゆくもの、つまずくもの皆色っぽい
4 「下り坂」繁盛のコツ「平気で生きて居る事」

読者の感想

2014.11.12 ター坊

なるほど、人生の極意は「下り坂」にあるらしい。あくせくと上を目指すだけが人生ではない。適当なところで下り坂も入れてみよう。なに、下り坂を恐れる必要はない。なんとんれば、登った以上に下ることはなのであるから。自転車にしても登山にしても登ったらその分だけ下る。これが道理である。さわやかな風を感じ、景色を楽しみながらゆっくり下っていく・・・これこそ褒美、至福のひと時だ。ただし、スピードの出し過ぎには注意しよう。こけて怪我をしたらつまらない。「下り坂の楽しみ」を知れば天下無敵・最強のおじさんになれると嵐山光三郎に教えられた気がする。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可