かんたん短歌の作り方

枡野 浩一

短歌を詠むことは、自分を見つめ、発見すること。この本には、その方法が正しくわかりやすく記されています。
――歌人 佐藤真由美

自分の考えをいつもの言葉遣いで分かりやすく表現する――それがかんたん短歌。でも簡単じゃない!

かんたん短歌の作り方
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0192
  • 整理番号:ま-32-2
  • 刊行日: 2014/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-43187-5
  • JANコード:9784480431875
枡野 浩一
枡野 浩一

マスノ コウイチ

1968年、東京都生まれ。歌人。1997年刊、短歌集『てのりくじら』(実業之日本社)でデビュー。2000年刊の『かんたん短歌の作り方』(本書の親本)からは加藤千恵、佐藤真由美ほかの人気歌人がデビュー。以後、『ドラえもん短歌』(小学館文庫)など、投稿短歌集も積極的に刊行。短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は、コミック化も。2013年春より高校国語教科書(明治書院)に短歌代表作が掲載されている。

この本の内容

今の言葉で作る「かんたん短歌」。感嘆するような表現を選び、並べるのは難しい。でも何かを言いたいときに、短歌のリズムなら思いが伝わる!

この本の目次

作り方(やさしく書くってことはなんてむずかしいんだろう)(何かを言いたいとき五七五七七のリズムを活用すると、強引な意見でもモットモらしく見えます。
一度読んだだけで意味がすぐわかり、くり返し読んでも面白い、そんな短歌をめざしてください。 ほか)
Q&A(歌人になる方法をおしえて)(どうやって歌人になったの?
「歌集」と「短歌集」のちがいは? ほか)
作品集二〇〇〇(短歌じゃないかもしれない症候群)
作品集二〇一四

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可