雨降りだからミステリーでも勉強しよう

植草 甚一

��城晶平さん(cero)推薦!

1950〜60年代の欧米のミステリー作品の圧倒的で貴重な情報が詰まった一冊。独特の語り口で書かれた文章は何度読み返しても新しい発見がある。

雨降りだからミステリーでも勉強しよう
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:う-38-4
  • 刊行日: 2015/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:608
  • ISBN:978-4-480-43242-1
  • JANコード:9784480432421
植草 甚一
植草 甚一

ウエクサ ジンイチ

1908─1979年。東京都出身。早稲田大学建築学科中退。文学、音楽、映画の評論家。1935年に東宝に入社、宣伝部や調査部に勤務、1948年に退社後は、映画、ジャズの評論を本格的に書き始める。1970年代、若者に欧米を中心としたサブカルチャーを伝え、現在まで多くの支持者を生み、その博識と親しみやすい語り口で“J・J”の愛称で親しまれる。『ぼくは散歩と雑学がすき』『いつも夢中になったり飽きてしまったり』(ちくま文庫)、1976年晶文社より全集『植草甚一スクラップ・ブック』など著作多数。『ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう』では第32回日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。

この本の内容

雑誌のミステリー紹介コラム「フラグランテ・デリクト」と、監修を担当した海外推理小説のシリーズの作品解説を集めた「クライム・クラブ」の2つをまとめた1950〜60年代にかけての欧米のミステリーブックガイド。J・Jにしか成しえない圧倒的な情報が詰まった一冊であり、独特の語り口は、今をもってなお新鮮である。また、当時の海外ミステリー事情の貴重な資料にもなっている。

この本の目次

フラグランテ・デリクト(一九六〇年前後の推理小説の状況
犯罪小説の新しい波
「ニューズウィーク」誌の書評から
オフ・ビート・スリラーについて
ベルンハルト・ボルゲとアンリ・トマ ほか)
クライム・クラブ(サスペンス・ドラマで異彩をはなつフランスの新人カトリーヌ・アルレェ
サスペンス・ストーリイの第一人者シャーロット・アームストロング
劇場殺人を完璧に描いた本格派のアトキンスン
三つのペンネームを使いわけるジョージ・バグビイと彼の作品
エクセントリックでシリアスな暗黒作家(バリンジャー) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可