ザ・フィフティーズ1 ─1950年代アメリカの光と影

デイヴィッド・ハルバースタム 著 , 峯村 利哉 翻訳

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が隠した50年代の正体を暴く!
――町山智浩

50年代アメリカでの出来事と価値転換が現代世界を作った。政治、産業から文化、性までを光と影の両面で論じる。巻末対談は越智道雄×町山智浩。

ザ・フィフティーズ1 ─1950年代アメリカの光と影
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:は-46-1
  • 刊行日: 2015/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:978-4-480-43285-8
  • JANコード:9784480432858
デイヴィッド・ハルバースタム
デイヴィッド・ハルバースタム

ハルバースタム,デイヴィッド

1934年ニューヨーク生まれ。ジャーナリスト。ハーバード大学卒業。ニューヨークタイムズの海外特派員として活躍する。64年、ベトナム戦争報道によりピュリッツアー賞を受賞。取材の対象は、政治、経済、産業、社会からスポーツ、人物など極めて広範に及ぶ。2007年没。著書に『ベスト&ブライテスト』『メディアの権力』『栄光と狂気』『ザ・コールデスト・ウインター』など多数がある。

峯村 利哉
峯村 利哉

ミネムラ トシヤ

1965年生まれ。翻訳家。青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒。訳書に、英「エコノミスト」編集部『2050年の世界』(共訳、文春文庫)、ジョセフ・E・スティグリッツ『世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠』(徳間書店)、ロン・ラッシュ『セリーナ』(集英社文庫)、ジャイルズ・ルーリー『社長のための世界の朝礼ネタ集』(ヒカルランド)などがある。

この本の内容

1950年代(フィフティーズ)のアメリカでは様々な発見と発明、政治的決断、価値の転換が行われた。現代史上最も興味深く、また重要な時代である。本書は、そのアメリカの姿を政治から産業、文化、生活のあらゆる面において光と影の両面から論じる。第一巻では、朝鮮戦争、マッカーシズム、テレビの台頭、性革命、ビート世代などが描かれる。

この本の目次

ルーズヴェルトからトルーマンへ
原爆から水爆へ
マッカーシズム
朝鮮戦争
ダグラス・マッカーサー
水素爆弾
中国参戦
ゼネラル・モーターズの勃興
一戸建てを大量生産する
ディスカウントショップ〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可