宮澤喜一と竹下登 ─戦後保守の栄光と挫折

御厨 貴

対極的な保守政治家だった宮澤と竹下。その政権運営が自民党崩壊への端緒となった二人の栄光と挫折を描く、オーラル・ノンフィクション対比列伝。

宮澤喜一と竹下登 ─戦後保守の栄光と挫折
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0131
  • 整理番号:み-32-2
  • 刊行日: 2016/07/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43376-3
  • JANコード:9784480433763
御厨 貴
御厨 貴

ミクリヤ タカシ

1951年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。都立大学教授、東京大学教授などを経て、現在、放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授・東京大学名誉教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策。著書『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)、『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『明治国家の完成』(中公文庫)、『オーラル・ヒストリー』(中公新書)、『明治国家をつくる』(藤原書店)、『政治へのまなざし』(千倉書房)など。

この本の内容

ともに穏健保守でありながら、政策も組織の捉え方も対極的だった宮澤喜一と竹下登。そんな二人が首相となり、結局は自民党崩壊への端緒を作ってしまう。その皮肉な結果は、彼らのいかなる思想や行動原理からもたらされたのか。田中角栄との確執、派閥政治の帰趨といった当時の政界の真相から、出世、リーダーシップ、後継者などについての両者の考え方までを明かすオーラル・ヒストリー対比列伝。

この本の目次

序章 派閥解体
第1章 原点(エリートだけど孤独
オプティミズムとシニシズム
昭和十四年に直感したアメリカの力 ほか)
第2章 昇華(自民党を派閥史的に見る
垂直統合と水平統合
池田勇人と佐藤栄作 ほか)
第3章 異種融合(田中角栄の語り
「量」が「質」を凌駕する
言葉による政治 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可