後藤田正晴と矢口洪一 ─戦後を作った警察・司法官僚

御厨 貴

内閣官房長官を務めた後藤田と、最高裁長官へと登り詰めた「ミスター司法行政」矢口。二人の対比列伝で、昭和のリーダーシップのありようを描き出す。

後藤田正晴と矢口洪一 ─戦後を作った警察・司法官僚
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0131
  • 整理番号:み-32-3
  • 刊行日: 2016/07/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-43377-0
  • JANコード:9784480433770
御厨 貴
御厨 貴

ミクリヤ タカシ

1951年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。都立大学教授、東京大学教授などを経て、現在、放送大学教授・青山学院大学特別招聘教授・東京大学名誉教授。専門は政治史、オーラル・ヒストリー、公共政策。著書『政策の総合と権力』(東京大学出版会、サントリー学芸賞受賞)、『馬場恒吾の面目』(中公文庫、吉野作造賞受賞)、『明治国家の完成』(中公文庫)、『オーラル・ヒストリー』(中公新書)、『明治国家をつくる』(藤原書店)、『政治へのまなざし』(千倉書房)など。

この本の内容

警察庁長官、そして内閣官房長官を務めた「カミソリ後藤田」。最高裁の多様な要職を歴任し、最高裁長官へと登り詰めた「ミスター司法行政」矢口洪一。二人は、組織をどう動かし、いかに人心を掌握したのか。昭和を生き抜いた彼らはいかなる行動原理のもとにリーダーシップを発揮したのか。長期にわたる本人インタビューに基づき、その生涯をいきいきと描き出すオーラル・ヒストリー対比列伝。

この本の目次

第1章 立身出世の階梯を昇る(後藤田式1 視野は広くとる
矢口式1 厳格にやる必要はない
後藤田式2 ポストは自分から希望しない
矢口式2 大局的に物事を見る
後藤田式3 任期はどんどん短くする
矢口式3 外に出て人脈と見聞を広げる)
第2章 人をよく見て判断する(後藤田式1 力の行使には限界がある
矢口式1 自分から物事を作っていく
後藤田式2 役人の世界を熟知する
矢口式2 多種多様な人材を集める
後藤田式3 暗黙知のネットワークを作る
矢口式3 あらゆる準備をしておく)
第3章 リーダーシップに磨きをかける(後藤田式1 激しい政治抗争で一皮むける
矢口式1 できるだけ見聞を広める
後藤田式2 無用な敵を作らない
矢口式2 最高裁の在り方を考え直す
後藤田式3 「工程表」による決定過程を描く
矢口式3 調査・報告書の作成は若い人に頼め)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可