世界漫遊家が歩いた明治ニッポン ─忘れられた日本の姿

中野 明

開国直後の明治ニッポンに好奇心と冒険心を持って訪れた外国人たち。彼らの残した記録から「神秘の国」の人、文化、風景が見えてくる。解説 宮田珠己

世界漫遊家が歩いた明治ニッポン ─忘れられた日本の姿
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 924円(税込)
  • Cコード:0126
  • 整理番号:な-50-2
  • 刊行日: 2016/11/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-43399-2
  • JANコード:9784480433992

この本の内容

19世紀末、交通技術の発達は世界中を頻繁に旅する人々「世界漫遊家(グローブトロッター)」を生んだ。開国したばかりの明治日本は未踏の地であり、多くの世界漫遊家があふれる冒険心と共に訪れている。彼らが残した記録から、目的な身分が異なる旅行者たちのユニークな道中エピソード、そして急スピードで変わっていく「神秘の国」の人・文化・風景を鮮やかに描き出す。

この本の目次

80日間世界一周の時代
グローブトロッターがニッポンの土を踏む
ツアーに参加するか、紹介状を握るか
ボヘミアン・グローブトロッターの金満旅行
東海道で行く人、中山道で来る人
ガイドブックを片手にバックパッカーが行く
冒険旅行家が歩いた日本の奥地
世界一周スピード競争に血眼になる
「ハソネの法則」で見るノーベル賞作家の旅
夫婦で行く憧れのファー・イースト
明確な目的をもつ旅人たち
グローブトロッターを超えて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可