太陽にほえろ!伝説

岡田 晋吉

72年から86年まで放映された『太陽にほえろ!』。制作秘話から萩原健一や松田優作など人気刑事の素顔まで、伝説のプロデューサーが語り尽くす。

太陽にほえろ!伝説
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0174
  • 整理番号:お-73-1
  • 刊行日: 2020/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43633-7
  • JANコード:9784480436337
岡田 晋吉
岡田 晋吉

オカダ ヒロキチ

1935年生まれ。日本テレビのプロデューサー。1957年の日本テレビ入社と同時に海外ドラマの吹き替え版制作を担当。その後、1963年の「宇宙Gメン」を皮切りに国産テレビドラマの制作に携わる。『青春とはなんだ』『これが青春だ』や『おれは男だ!』などの青春シリーズ、『東京バイパス指令』を経て『太陽にほえろ!』、『俺たちの旅』、『大都会』シリーズ、『あぶない刑事』などを手がけた。中京テレビ時代は民放連放送倫理小委員を歴任し、放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)、放送と青少年に関する委員会などの創設にも関わっている。著書に『太陽にほえろ!伝説』(ちくま文庫)、『ショーケンと優作、そして裕次郎』(KADOKAWA)などがある。

この本の内容

’72年から’86年まで放映された、『太陽にほえろ!』。従来の刑事ドラマの型を破り、銀幕の大スター石原裕次郎やGSのアイドル萩原健一を得て、刑事に焦点を当てた「青春アクションドラマ」としてスタート。主人公の萩原が降板を申し出たことが殉職劇を生み、続く松田優作など無名の新人が次々とスターへ。テレビも青春期、キャスト・スタッフが若い感性で開拓し続けた15年。豊富な写真と共に詳述する永久保存版!

この本の目次

プロローグ
第1章 「青春刑事ドラマ」の誕生
第2章 愛すべきわれらがボス
第3章 マカロニとショーケン
第4章 風のように走り抜けた男・ジーパン
第5章 山さんの大いなる力
第6章 三代目「ジュン」と新人教育
第7章 岡田流ドラマ作りのポリシー
第8章 『太陽』を陰で支えた立役者たち
第9章 大ヒットの波及効果と転換期
第10章 新たな時代を迎えて
エピローグ 素晴しきパートナー
私が選んだ『太陽にほえろ!』ベスト・エピソード100
『太陽にほえろ!』全作品リスト

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可