女将さん酒場

山田 真由美

自分の店を構え、自ら料理をつくる。そんな人生を選んだ「女将さん」は、どんな思いを抱いて包丁を握るのか。新しい女性の仕事を描く書き下ろしルポ。

女将さん酒場
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:や-59-2
  • 刊行日: 2021/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-43758-7
  • JANコード:9784480437587
山田 真由美
山田 真由美

ヤマダ マユミ

山田 真由美(やまだ・まゆみ) 1971年、伊豆下田生まれ。出版社勤務を経てフリーのライター・編集者として数々の書籍、雑誌などの制作に携わる。連載記事に、読売新聞夕刊「ぶらり食記」(2011年?)、『海の近く』(湘南エリアのフリーペーパー)「海辺のヴァンナチュール」。また、地元下田の酒場『Table TOMATO』の女将として月に10日ほど酒と料理で客をもてなしている。

この本の内容

日本のオーナーシェフの世界は圧倒的に男社会、飲食の仕事は肉体的にも精神的にもハードで、結婚や出産などライフステージが変わりやすい女性には務まらないと。そんな厳しい世界に飛び込み、生き生きと活躍する女性料理人がいる。彼女たちはなぜ料理の道を志したのか、その決断を支えたものは。飲食に生きる人生を選んだ彼女たちの想いや喜びを丁寧に描いた、すべての働く女性たちへのエール。

この本の目次

ひとりの「覚悟」 林佐和『やくみや』荒木町
イタリアンママは三度めで花開く 渡邊マリコ『fujimi do 243』西小山
静かな革命を、八ヶ岳から 山戸ユカ『DILL eat,life.』北杜
今日、ごはん食べに来ない? 大塩あゆ美『あゆみ食堂』諏訪
一杯のラーメンが永遠になるとき 宮代とよ子『ししまい』大磯
その椅子さえあれば 金岡由美『ぼたん』清澄白河
男たちが素顔に戻れる場所 越野美喜子『こしの』渋谷
野菜と対話しながら百まで 土井美穂『あめつち』学芸大学
だしに始まり、だしに終わる 田中悦子『さかなのさけ』六本木
下町酒場から広がれ、世界平和 荘司美幸『はりや』鐘ヶ淵
働く女性の味方でありたい 大濱幸恵『おおはま』鎌倉
あかねさす天に向かって 姫田あかね『よしろう』鎌倉
エピローグ 「自分の場所」をつくった女性たち

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可