楠勝平コレクション ─山岸凉子と読む

楠 勝平 著 , 山岸 凉子 編集

人の世の儚さや江戸庶民の哀歓を描き、自らの死をも凝視して夭折した幻の漫画家・楠勝平。その不朽の名作を作家・山岸凉子が精選。解説 山岸凉子

楠勝平コレクション ─山岸凉子と読む
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0179
  • 整理番号:く-33-1
  • 刊行日: 2021/09/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-43760-0
  • JANコード:9784480437600
楠 勝平
楠 勝平

クスノキ ショウヘイ

1944年、東京に生まれる。中学の頃より心臓弁膜症を患う。15歳のとき貸本マンガ「必殺奥義」でデビュー。白土三平、水木しげるらが常連の短編誌『忍法秘話』に作品を発表する一方で、同人グループによる短編誌『破?ブレイク』を刊行。その後、白土三平の赤目プロでアシスタントのかたわら、『ガロ』を中心に『COM』や青年劇画誌に佳作を発表したが、病が悪化。1974年、30歳で逝去。

この本の内容

1960年代後半から70年代初めの騒然とした時代、実験作が覇を競った『ガロ』。その片隅で、人の世のはかなさ、江戸庶民の哀歓をみずみずしく描き、迫り来る死をも凝視して逝った幻の作家。同時代にその息吹にふれ、市井の人々へのあたたかな眼差しに魅了されてきた作家が編む、珠玉の文庫オリジナル・傑作選集。

読者の感想

2021.10.20 ワニワニ

たまたま手に取った。読んでみて、これはいけない、買って帰ろうと思った。どうしてもすぐ読みたく、喫茶店へ。絵がうまい、ストーリーはありふれたようでいて、見ろ! と突きつけられているようだ。どれも全てが生きている。読んでるうちに、涙が出た。雨の場面、とても印象的。こんな漫画が、あったのですね。まだ生きてて、よかった。70年代は、すごい時代だったのだと、60年代生まれの私は思った。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可