線の冒険 ─デザインの事件簿

松田 行正

線とは、点が動くことによってできた、運動の軌跡。旋回する線、立体化する線、饒舌な線……。そこに生まれるドラマを読む。解説 横尾忠則

線の冒険 ─デザインの事件簿
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0172
  • 整理番号:ま-53-2
  • 刊行日: 2022/02/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-43800-3
  • JANコード:9784480438003

この本の内容

線とは点が動くことによってできた、運動の軌跡。点が動けば元の点があった場所は消滅する。点の足取りを記すことができるのは線だけ。そこに多くのドラマが生まれる。ジグザグ線が絡むユダヤ博物館とビートルズの『アビイ・ロード』の話。見えない恐怖の視線として窓から侵入するペストや放射能の話。旋回する線、立体化する線、饒舌な線…。線をめぐる寄り道だらけの一冊。

この本の目次

規格化された線―子午線・光速など直線を測るための基準値を探すメートル法
ひび割れ線―偶然できたひび割れと、デュシャン“大ガラス”と洗濯機
魔方陣の線―タテヨコ斜めの数字の和がすべて同じになる魔法陣の軌跡
饒舌な線―線がどんどん加わって複雑になった記号
神風と空爆―日本を初空爆した爆撃機と風船爆弾の軌跡
線状地図―ヴェルヌのノーチラス号の軌跡と、パワーズ・オブ・テン
垂直の快感と恐怖―直線こそ命、いや命を奪う直線ならぬ、垂直線のギロチン
線状人間―人体で描く文字と、人体の形を秘めた漢字
立体化する線―立体的に見えるように工夫された文字や記号の線
筋の線―火星で見つかった筋からはじまった対火星人との宇宙戦争〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可