中東全史 ─イスラーム世界の二千年

バーナード・ルイス 著 , 白須 英子 翻訳

キリスト教の勃興から20世紀末まで。中東学の世界的権威が、中東全域における二千年の歴史を一般読者に向けて書いた、イスラーム通史の決定版。

中東全史 ─イスラーム世界の二千年
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 2,200円(税込)
  • Cコード:0122
  • 整理番号:ル-9-1
  • 刊行日: 2020/10/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:768
  • ISBN:978-4-480-51001-3
  • JANコード:9784480510013

この本の内容

ムハンマド登場以前の古代から、近代化に揺れる20世紀末まで。本書は、豊かで多様性に富み、脈動に満ちた中東全域における2000年の歴史を、時代を追いつつ網羅するものである。同時に、中東諸国家の性格・経済・エリートと庶民・宗教と戒律・文化という章では、中東世界に共通する特徴や価値観を描出。最盛期には人類史上最高の文明を築いたイスラーム世界の本質を理解するためのガイドにもなっている。ロンドン大学やプリンストン大学で長らく教鞭をとった中東学の権威が、大学やテレビ番組での講義をもとに書いた、イスラーム通史の決定版。

この本の目次

第1部 文明の十字路は今(西欧化は服装から始まった
メディアの力
統治者の肖像画と偶像崇拝禁止の矛盾
伝統と文化のはざまで)
第2部 先人たち(キリスト教勃興以前
イスラームの興隆まで)
第3部 イスラームの黎明期と最盛期(イスラームの起源
アッバース朝カリフ国
大草原民族の到来
モンゴル人襲来の余波
硝煙の匂う帝国)
第4部 イスラーム社会の断面図(中東諸国家の性格
経済
エリートたち
庶民たち
宗教と法律
文化)
第5部 迫りくる近代化の波(西欧からの挑戦
忍び寄る変化
対応と反発
新しい思想
戦争の時代
自由を求めて)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可