十五年戦争小史

江口 圭一

満州事変、日中戦争、アジア太平洋戦争を一連の「十五年戦争」と捉え、戦争拡大に向かう曲折にみちた過程を克明に描いた画期的通史。 解説 加藤陽子

十五年戦争小史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:エ-14-1
  • 刊行日: 2020/10/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-51006-8
  • JANコード:9784480510068

この本の内容

戦争は、誰によっておこされ、どのように展開したか―。本書では、1931年の柳条湖事件の謀略に始まり、45年ポツダム宣言受諾と降伏文書調印によって終わった一連の戦争を「十五年戦争」と呼び、その曲折に満ちた過程と全体像を克明に描く。アジア覇権主義を掲げる日本軍部と対米英協調路線の宮中グループとのせめぎ合い、マスコミの報道によって国内で急速に高まる排外主義、アジア太平洋戦争へと向かう御前会議のありよう…。満州事変、華北分離、日中戦争、アジア太平洋戦争で構成される各部には年表、関係地図を付し、制度や組織の変遷、人事の系統図なども適宜配した。長年読み継がれてきた画期的通史。

この本の目次

1 満州事変(大日本帝国
十五年戦争の発端
戦線の拡大
上海事変と満州国
排外主義と軍国主義
故くっさい連盟脱退と熱河・河北省侵攻)
2 華北分離(非常時
満州帝国
華北分離工作
準戦時体制)
3 日中戦争(日中戦争の全面化
日中戦争の行き詰り
東亜新秩序と第二次世界大戦
日独伊三国連盟
日米交渉
対米英蘭戦の決定)
4 アジア太平洋戦争(開戦と緒戦の勝利
連合国軍の反攻
大東亜共栄圏
中国・満州・朝鮮・台湾
日本ファシズム
戦線の崩壊
ポツダム宣言と原爆投下
降伏)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可