新版 自然界における左と右 上

マーティン・ガードナー 著 , 坪井 忠二 翻訳 , 藤井 昭彦 翻訳 , 小島 弘 翻訳

「左と右」は自然界において区別できるか? 上巻では、鏡の像の左右逆転から話をはじめ、動物や人体における非対称、分子の構造等について論じる。

新版 自然界における左と右 上
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0140
  • 整理番号:カ-50-1
  • 刊行日: 2021/01/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-51016-7
  • JANコード:9784480510167

この本の内容

「鏡は上下はそのまま映すのに、なぜ左右だけを反転させるのか?」―こんな素朴な疑問から「左と右」をめぐる壮大な旅がスタートする。人には左右の利きがある。左右非対称な動植物も多い(スイカズラのつる、シオマネキのはさみ、コウモリの飛び方)。では、分子のレベルまで降りてみたらどうだろう?分子構造を左右逆転させたミルクの味は違うのだろうか。後半では、「オズマの問題」が登場。共通に観察しうる対象が何もないところで「左と右」を相手に伝えることが可能かを考察する。ナボコフとガードナーのお茶目なやりとりも収載。

この本の目次

いろいろな鏡
直線の世界、平面の世界
立体の世界
手品
絵画、音楽、詩、数字
銀河系、恒星、惑星
植物と動物
動物における非対称
人のからだ
少数派の左利き
結晶
いろいろな分子
炭素
生きている分子
生命の起源
非対称性の起源
第四次元
オズマの問題
マッハのショック

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可