世界市場の形成

松井 透

世界システム論のウォーラーステイン、グローバルヒストリーのポメランツに先んじて、資本主義経済の形成過程を描いた歴史的名著を文庫化。解説 秋田茂

世界市場の形成
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,760円(税込)
  • Cコード:0133
  • 整理番号:マ-49-1
  • 刊行日: 2021/04/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-51041-9
  • JANコード:9784480510419

この本の内容

I.ウォーラーステイン、K.ポメランツに先駆けて提示された、壮大な「世界史」。30年前の著作だが、本書で提示された三つの論点は現在も重要視されている。一つめはもはや「常識」となった、西洋中心主義的な世界史記述の見直しを迫った点。二つめはイギリスによる輸入先導型の世界市場形成の特異性を明らかにした点。三つめは世界市場の発展を新世界とのいくつかの偶然の出会いで説明した点。これは無名の人々の営みもまた世界史の一部であるという歴史認識につながっている。近年注目されるアルメニア商人ネットワークにいち早く言及するなど、今なお刺激的な一冊。

この本の目次

第1章 世界史論的背景(「従属理論」・「世界システム論」
オブライエン・ウォーラーステイン論争
問題の再検討)
第2章 世界市場の形成(問題の所在
世界市場の史的前提
「繁栄」の構図
イギリスの貿易からみた十七、八世紀
「大西洋の時代」
「世界市場」と南アジア
世界市場の構造
世界市場とプランテーション)
第3章 世界市場の拡大と深化(イギリスの経済発展と世界市場
世界市場の歴史的性格)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可