集団における謎めいた現象「カリスマ」について多面的な考察を試み、ヒトラー、チャールズ・マンソンらを実例として分析の俎上に載せる。解説 大田俊寛

カリスマ
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,870円(税込)
  • Cコード:0130
  • 整理番号:リ-10-1
  • 刊行日: 2021/12/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:544
  • ISBN:978-4-480-51059-4
  • JANコード:9784480510594
C・リンドホルム
C・リンドホルム

チャールズ リンドホルム

C・リンドホルム(Charles Lindholm)1946年生まれ。人類学者。ボストン大学人類学教授。

森下 伸也
森下 伸也

モリシタ シンヤ

森下伸也(もりした・しんや)1952年生まれ。京都大学文学部卒、大阪大学大学院修了。関西大学名誉教授。

この本の内容

集団の狂気、あるいは集団形成の核に存在する特異な人格的威力「カリスマ」。本書は、理論と実例の両面からこの現象の謎に迫る。理論として参照されるのは、ヒューム、ミル、ニーチェらの哲学、ウェーバー、デュルケムの社会学、メスマー、フロイトの精神医学など。実例として取り上げられる主な題材は、ヒトラーとナチズム、チャールズ・マンソンとそのファミリー、ジム・ジョーンズと人民寺院、シャーマンと共同体…。危険と魅惑に満ちた「カリスマ」という概念を包括的に考察した稀有の書。

この本の目次

第1部 序説
第2部 理論編(「あるがままの人間」―情念の社会理論
非合理なものの社会学―マックス・ウェーバーとエミール・デュルケム
催眠と群集心理学―メスマー、ル・ボン、タルド
エディプスとナルシス―フロイトの群集心理学 ほか)
第3部 実例編(「取り憑かれた従者」―アドルフ・ヒトラーとナチ党
「愛こそわが裁き」―チャールズ・マンソンとそのファミリー
「あなたが知る唯一の神」―ジム・ジョーンズと人民寺院
「聖なるものの技術者」―シャーマンと社会)
第4部 結論(今日のカリスマ)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可