新版 魔女狩りの社会史

ノーマン・コーン 著 , 山本 通 翻訳

「魔女の社会」は実在したのだろうか? 資料を精確に読み解き、「魔女」にまつわる言説がどのように形成されたのかを明らかにする。解説 黒川正剛

新版 魔女狩りの社会史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,870円(税込)
  • Cコード:0120
  • 整理番号:コ-52-1
  • 刊行日: 2022/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:608
  • ISBN:978-4-480-51068-6
  • JANコード:9784480510686

この本の内容

「幼児を殺して貪り喰い、近親相姦を行い、十字架に唾をかけ、魔王を崇拝する」―近世のキリスト教世界において激しく非難された「魔女の社会」は、すべてが捏造されたものにすぎない。では、それらの言説はどのような伝統を持ち、いかにして「魔女たち」と結びつき、そして「魔女狩り」に寄与してきたのか。厳密な資料読解を通して、排除と迫害が生み出される条件とその仕組みを明らかにする。また、近代の魔女狩り研究が、どのようにその過ちを増幅し流通させることになったのかについても徹底的に検証する。

この本の目次

古代における序幕
悪魔とその力にかんする見解の変化
中世の異端の悪霊化
テンプル騎士団の壊滅
儀礼的魔術の実在
悪霊を崇拝する魔術師は存在しなかった
魔女の社会は実在しなかった
民衆の想像の中での夜の魔女
魔女狩りの開始についての誤った通説
魔女狩りは実際に、どのように始まったのか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可