シュタイナー・コレクション 7 芸術の贈りもの ─芸術の贈りもの

ルドルフ・シュタイナー 著 , 高橋 巖 翻訳

シュタイナー・コレクション 7 芸術の贈りもの ─芸術の贈りもの
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 2,860円(税込)
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2004/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:400
  • ISBN:4-480-79077-2
  • JANコード:9784480790774
ルドルフ・シュタイナー
ルドルフ・シュタイナー

シュタイナー,ルドルフ

1861-1925年。オーストリアの哲学者。自らの思想を人智学として樹立。のち、スイスにおいて、教育、芸術、農業、医療等で、人智学運動を行う。『神秘学概論』『神智学』『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(いずれもちくま学芸文庫)など著書多数。

高橋 巖
高橋 巖

タカハシ イワオ

東京生まれ。慶応義塾大学大学院博士課程修了。1973年まで同大学文学部哲学科、美学・美術史教授。現在、日本人智学協会代表。

この本の内容

「自然は何ひとつ隠さず、しかし、公然の秘密としてそこにある。自然からその秘密を明かされ始めた人は―芸術へ向かう。」ゲーテの言葉を引用し、その宇宙的使命を語るシュタイナー。「色」のこと、「音」のこと、そして「美」…。本巻の第一部には、数多い芸術論の中から、ストレートに芸術の本質を捉えた論考群(本邦初訳)を、第二部には全面新訳の『色彩論』を収録。

この本の目次

第1部 芸術論(新しい美学の父ゲーテ(ウィーン一八八八年一一月九日)
芸術心理学(ドルナハ一九二一年四月九日)
それぞれの芸術の本質(ベルリン一九〇九年一〇月二八日)
感覚的=超感覚的なものと芸術によるその表現(ミュンヒェン一九一八年)
芸術的想像力の源泉と超感覚的認識の源泉(ミュンヒェン一九一八年五月五日)
色と音の世界を道徳的に体験する(ドルナハ一九一五年一月一日)
空間遠近法から色彩遠近法へ(ドルナハ一九二三年六月二日)
音楽的なものの本質(ケルン一九〇六年一二月三日)
人類進化の表現としての建築様式(ドルナハ一九一九年一二月一三日))
第2部 色彩論(色彩の本質(ドルナハ一九二一年五月六‐八日))

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可